ブーケを保存したい!

最終更新日:2017/02/22 カテゴリー:

結婚式、披露宴で使ったブーケを、なんらかの形で保存しておきたいというカップルも多いです。その場合は以下のような方法で保存しておくと、いい思い出になるでしょう。

押し花ブーケ

当日使ったブーケを押し花にして、額に入れて飾ります。花の色や形がきれいに残せます。式後にショップに渡すと、1~2ヶ月後に完成します。

ドライ加工ブーケ

ガラスの容器にブーケを入れて、中を真空状態にして保存します。花を立体的な形のまま保存できます。加工料は1~3万円程度で、式後、1ヶ月ぐらいで完成します。

アートフラワーブーケ

もともとのブーケを造花で作り、その後長期保存します。一般的な造花はシルクフラワーといい、アートフラワーはさらにクオリティの高いもので、値段も高くなりますが、生花と間違えるほどの精度で、保存に気を使う必要がありません。

ブリザードフラワーブーケ

特殊加工をした花を使ってブーケを作り、その後そのまま保存します。生花のしっとり感もそのままに、水もやらないで2~3年もつというものです。それだけに普通のブーケよりは高くつきます。