ふさわしくないBGMとは?

最終更新日:2017/02/22 カテゴリー:

幅広い世代が集まるウエディングセレモニーで欠かせないのがBGM。でも、みんなが心地よく感じるBGM=ふたりが好きな音楽ではないのが難しいところ。耳に馴染みのある曲が中心であれば、音楽が主張しすぎることなく演出を際立たせるでしょう。あくまでも趣味にこだわりたいカップルは挙式&披露宴は控えめに、友達中心の二次会で思いきりセンスを見せる、などメリハリをつけましょう。

思わずはまる落とし穴
仕事の忙しさやほかの準備に

・時間をとられて会場まかせにしてしまう
・全体の流れを考えず、ふたりが好きな曲ばかりをとにかく集める
・歌詞におめでたくない言葉が入っている
・長さが足りなくて途中で曲が切れてしまう、またはサビになる前にシーンが終わってしまう
・今ドキの曲でまとめると、世代の違いにより会場に温度差ができてしまう
・シーンによって日本語の歌詞がじゃまに感じられる
・ゲストの知らない曲ばかりで印象に残らない